ふるい機を使えば産廃処理もきれいにできます

建築の現場では必ず出る

残土は建築現場では必ず発生します。これを適切に処分するのは、工事を請け負った業者の責任になっています。
残土処理を行なってくれる企業もありますが、ふるい機などの特殊機械を活用して残土処理を自社でもスムーズに進めましょう。

企業に課せられた責任

工事現場

適切な処理方法

残土処理には運搬して受け入れてくれる処分場に持っていくやり方と、改良土を生み出すプラントを利用するやり方があります。
処分場にもっていくときには、その処分場で適切な方法で積み上げなどが行なわれているのかを確認しましょう。

関わっている法律

建築物を建設する現場で発生する廃棄物については、事業者の責任で処理をすることが法律でも決められています。法律を遵守することは社会全体の義務や責任となっています。
法律は年を追うごとに厳しく制定されることがあるため、企業は責任をもって確認することが必要です。

廃棄物とはどんなものか

ふるい機などで処理しなければならない産業廃棄物とは何かというと、基本的には残土やがれきなどになりますが、それ以外にも廃棄物は存在し、処理方法もいくつか分かれているので確認しましょう。
1. 燃えがら
2. 廃油
3. 紙くず
など様々に分かれており、それを処理する特殊機械もいろいろです。

機械を調達する

自社で残土を処理するとなると、ふるい機を始めとして破砕機やベルトコンベアーなどを用意して正しく処理をする必要が出てきます。
特殊な機械ですので、専門的な業者と連絡をとってその現場や用途に合った機械を用意しなければなりません。インターネットなどを使って取扱業者を探しましょう。

土はリサイクルされる

なぜ専門的なふるい機などの機械を使って残土を丁寧に処理する必要があるのかというと、リサイクルをするためです。
土をそのまま捨てていては処分場も尽きてしまうので、現在ではリサイクルして再び建築現場で活躍できるような流れが出来上がっています。